films

骨嚙み / A Bite of Bone (2021)

| 短編アニメーション | 2021 |日本 | 09’45” | 4K | HD, DCP | 5.1ch,Stereo | 日本語,English Subtitle | |紙の上に作画・点々| Original title: Honekami French title: Mordre les os des morts シノプシス: 父親の葬式で、少女は父と過ごした最後の夏を思い出す。 日本のとあるちいさな島でのいとなみ。 Synopsis; A little girl reflects on her last summer with her father at his funeral. Synopsis; (French) Une fille se souvient, en assistant aux funérailles de son père, du dernier été qu’elle a passé avec lui. Le film raconte une vie modeste qui se déroule sur une petite île dans un coin caché du Japon.

染色体の恋人 / ChromosomeSweetheart(2017)

| 短編アニメーション | 2017 | 日本 | 4'55" | 2K | 16:9 | 5.1ch,ステレオ | 日本語,English Subtitle| カフェで向かい合う人、髪の毛を吸う人、ひたすら走り続ける人と、 通り過ぎていく街、河川敷を歩く少女。世の中には色んな人がいて、色んな愛がある。 An ex-couple in a café, a girl sucking on her girlfriend’s hair, a running woman, a fleeing town, a little girl walking along the river. In this world, there are as many forms of love as there are people.

ブルネット先生、ここにおいででしたか?(仮)/ Are you here, Ser Brunetto?(provisional)

制作中 3分作品

「夕焼け」/ Sunset Train

2021|3'09"|高田渡/キングレコード「夕焼け」|吉野弘さん「夕焼け」を歌う高田渡さんの曲から着想を得て制作。|英訳:江口 麻子| いつものように、電車は満員だった。自分の席に座っていた女の子が、おじいさんに席を譲る。 しかし、そこにもう一人がやってきた。 ありふれた日常の中の受難者を描くことで、現代における「受難」、そしてやさしさとはなにかを問う。 本作品は、吉野弘さんの詩をもとに高田渡さんが歌った曲の世界をアニメーションで立ち上げた作品です。 As usual, the train was packed. The girl sitting in her seat gives her seat to an old man. But then another one came. By portraying the sufferers in the midst of the mundane, the film asks the question of "suffering" and what kindness is in the modern age. This work is an animation of the world of a song sung by Wataru Takada based on a poem by Hiroshi Yoshino.

本作は、作者が特任助教として所属する名古屋大学未来社会創造機構モビリティ社会研究所おいて、スマート社会に向けて「移動」イノベーションを志す学生への教材の一部として制作しました。 超スマート社会が定義する快適さに立ち返りますと、「 社会の様々なニーズにきめ細かに対応でき、 あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、言語といった様々な違いを乗り越え」られた先にあるものが目指されています。これに向かうモビリティの発展は、その定義からも明らかに、革新的な推進力を持ちながら、取りこぼしのない他者への配慮を併せ持つ方向を目指しています。未来の公共交通やサービスプラットフォームを考えるにあたり、利便性の向上が移動における困難の解消に一役買い、優しさや配慮の向上でなければならないと考えました。 本作をきっかけに、現代社会において再び吉野弘「夕焼け」と、その曲を素朴に歌い上げる高田渡の世界観に触れ、優しさが落とし込まれたテクノロジーや未来社会を共に考えるきっかけにしたいと考えました。

牛乳の麓 / Milky Ways

| 短編アニメーション | 2016 | 日本 | 8' | 2K | 16:9 | ステレオ | no dialogue| ミクストメディア(平面+ジオラマ)|監督:矢野ほなみ/音楽:足立美緒/音響:向笠揚一郎、金澤明日香 シノプシス:女は山の頂から牛乳を注ぎ、男は麓で牛乳を絞る。死者と生者が同居する世界で見えない循環を可視。|ANNY: Animation Nights New York/The Globe International Silent Film Festival/International Animation Festival AJAYU他入選

パンツをめぐる冒険 / A Wild Pants Chase

| 短編アニメーション | 2013 | US | 2'14" | 3:4 | スタンダード | ステレオ | セリフなし |監督:矢野ほなみ/制作@RISD/ パンツを脱がないとわからないこともあるけど、パンツを履かないとわからないこともある。 There is certain things you would never know unless you take off the pants. And, or, also certain things you would never find out unless you wear your pants.

かさぶた / The Scub Pig

| 短編アニメーション | 2014 | 日本 | 8'42" | 16:9 | スタンダード | ステレオ | セリフなし |監督:矢野ほなみ/音楽:中村佳穂、Filipe Cruz/スタジオ:SIMPO STUDIO 小泉大輔/制作@セイカ/ 傷ついたブタの話。 |ASK?映像祭2015/PFFアワード2015入選

others

SAKANAMON「アリカナシカ」MV

2014|Victor Entertainment|サカナモン|MUSIC VIDEO Director:大喜多正毅+矢野ほなみ|

ねむれるアニメーション

2019|三菱自動車共同開発|映像:矢野ほなみ|音楽:松本祐一 車の自動運転化がかなったら、フロントガラスに写して眠る用。 When the car is on autopilot, please sleep well with this image on your windshield.

events

クィア・アニメーション上映会201Q

Queer Animation Screening! 201Q クィア・アニメーション上映+ミニレクチャー。長い歴史がありながら、これまで日本では観る機会の少なかったクィアなアニメーション。LGBTQの人々の複雑な経験をアニメーションならではの手法で自由に表現した国内外の短編10作品以上を解説とトークを交えながら上映するイベントを企画しました。詳しくはページをご覧ください。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る