矢野ほなみ / Honami YANO
Honami Yano was born in 1991 on a small island in Japan. During her college years she went on an exchange program to the Rhode Island School of Design, which led her to discover independent animation.
At the Graduate School of Film and Media, Tokyo University of the Arts, she studied under Kōji Yamamura and created her graduation project, Chromosome Sweetheart(2017), which received a nomination at Frameline Film Festival and many other film festivals. After graduating, she worked as a research assistant for three years and also made her first film after graduation. Produced and supervised by Kōji Yamamura, it was the first work for his studio and gallery Au Praxinoscope. The film, A Bite of Bone won the grand prize for short animation at the 45th edition of the Ottawa International Animation Festival.
Yano currently works for Nagoya University as a Designated Assistant Professor. She served on the selection committee for the Hiroshima Animation Seasons 2022.


1991年 愛媛県瀬戸内海の島生まれ。
2013年 京都精華大学の学部時代に、ロードアイランドスクールオブデザインへ交換留学したことがきっかけで、インディペンデントアニメーションの魅力を発見する。
東京藝術大学大学院では、山村浩二氏に師事し、卒業制作「染色体の恋人」を制作。
The KuanDu International Animation Festival (台湾)でKuanDog学生部門賞を受賞、その他北米最古のクィア映画祭であるフレームラインノミネートなど他多数。2017年東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修士課程修了。

大学院修了後は、同大学院映像研究科で3年間教育研究助手として働く傍ら、自身の卒業後はじめての作品「骨嚙み」を制作を開始。同作品は山村浩二氏プロデュースとして、アニメーションスタジオ兼ギャラリーAu Praxinoscope最初の作品として製作に至る。同作は、世界3大アニメーション映画祭の一つである第45回オタワ国際アニメーション映画祭にて短編部門グランプリを受賞。第29回レインダンス映画祭で短編アニメーション部門最優秀作品賞、他21の受賞。第25回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞受賞。
第一回ひろしまアニメーションシーズンズにて選考委員を務める。


2021年より名古屋大学未来社会創造機構モビリティ社会研究所特任助教(非常勤)。
2021年今治市文化大賞、愛顔えひめ文化賞受賞、
2022年より女子美術大学非常勤講師。

他方、映画上映会の企画やキュレーションなど、クィア・アニメーションの研究を進めている。
共著『クィア・シネマ・スタディーズ』(菅野優香 編著/晃洋書房)。


外部リンク
Au Praxinoscope
映像作家100人
女子美術大学洋画専攻

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る