exhibition ‘continuum: Independent animation from Japan and Australia’

“Continuum”, an exhibition of Japanese and Australian independent animation by The Japan Foundation Sydney, which I participated as a co-curator and an artist, will be held at the Japan Foundation Sydney from Feb.18 to Jul. 2. 2022!
6 films are participating from Japan!

The six artists from Japan were Koji Yamamura, Ryutaro Miyajima, Shinobu Soejima, Song Yungsung, Kiyamamizuki and myself.
Click here for the event series!

From Australia:
Cynthia Burke
Jonathan Daw
Jake Duczynski
Simon Japanangka Fisher (Jr.)
Anthony Lawrence
PAW Media
Jilli Rose
Jelena Sinik
Nicholas Tory
Tjanpi Desert Weavers
Shane Jupurrurla White
Jason Japaljarri Woods
Steffie Yee

Steffie Yee’s workshop on cutting clay and making animations is also held! It looks very interesting and lovely. I’d like to participate.

I contributed an essay on the theme of animism in animation.
In the Curatorial Statement section, I explain how I perceive the theme of the exhibition, “Continuity,” and introduce the works from Japan from that perspective. Please take a look at it along with the works.
The original reproduction of my work “A Bite if Bone” is on display. (First exhibition!)

I would like to thank Deborah Szapiro (UTS), Koji Yamamura (supervisor), Yurika Sugie and Susan Bui of the Japan Foundation Sydney, Staffs who provided wonderful technical assistance for the original reproductions, and all the participating artists for this opportunity!

We hope you will enjoy the exhibition.

Photo by Yurika Sugie


共同キュレーター兼作家として参加した国際交流基金シドニーによる日豪インディペンデント・アニメーション展「Continuum」が、2022.02.18〜07.02の期間に渡って国際交流基金シドニーで開催されます。

日本からは6作品が参加します 。

山村浩二
副島しのぶ
キヤマミズキ
宮嶋龍太郎
ソン・ヨンソン
矢野

オーストラリアからは、
Cynthia Burke
Jonathan Daw
Jake Duczynski
Simon Japanangka Fisher (Jr.)
Anthony Lawrence
PAW Media
Jilli Rose
Jelena Sinik
Nicholas Tory
Tjanpi Desert Weavers
Shane Jupurrurla White
Jason Japaljarri Woods
Steffie Yee

Steffie Yeeさんの、「失われた音」”The Lost Sound”の手法である粘土をカットしてアニメーションを制作するワークショップなど開催されるようです。
とっても面白そうです。私も参加したいくらいに。

その他のイベントシリーズはこちらからご覧ください。

日本からの出品作家の皆様もそれぞれ原画や資料、セットなどの現物展示があります。

拙作『骨嚙み』は複製原画を初展示しております。

Photos by Yurika Sugie


カタログのエッセイとして日本からは3本、山村浩二先生の『「脈々と」、アニメーションにおける継承』、
副島しのぶさんの『『鬼とやなり』の描く光と影』、
私は梅原猛さんのアニミズム再考を手掛かりに、『アニメーションにおけるアニミズム』を寄稿させていただきました。

他、キュレーター・ステイトメントとして、本展のテーマである「Continuity」(連続性)をどう捉えているか、そして、その観点から日本の6作品の解説を紹介する文章を寄稿しました。

遠隔ながらもキュレーター兼作家としての参加が可能だったのは、キュレーターのDeborah Szapiro(UTS)さん、シドニー国際交流基金の杉江由里香さん、Susan Buiさんのお力でした。
山村浩二(監修)さん、複製原画のために技術協力してくださったスタッフ様、そして参加アーティストの皆様に感謝いたします。

シドニー付近の方がいらっしゃいましたら、どうぞ展覧会をお楽しみいただければ幸いです。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る