New Chitose Airport Pitch 2021

第8回新千歳空港国際アニメーション映画祭にて、新作『骨嚙み』が「インターナショナルコンペティション ファミリー」部門にてノミネートされました。
ありがとうございます。大切に思っている映画祭ですのでとても光栄です。

各種ノミネート結果はこちらから。

(メインビジュアルはゆはらかずきさん!)


今月末には、いよいよオタワ国際アニメーション映画祭での上映もあります。(Ottawa International Animation Festival 9月22日-10月3日)
オンラインでの開催がメインとなり、実際にカナダにいくことは叶いませんが、画面越しであっても〈オタワ〉を味わえることが楽しみです。
(その他、入選の結果は一覧にて『骨嚙み』のページにまとめていきたいと思います。)

また、同時に開催される「New Chitose Airport Pitch 2021」(これから制作する(もしくは現在制作中の)プロジェクトについてのプレゼンテーション)にも参加させていただきます。公開プレゼンテーション形式ですので、ご興味のある方はオンライン等でぜひご視聴ください。
参加企画はこちらから。

私は次回新作の「初恋と売られてしまった虹色のフェリーの話(仮)」で参加します。『骨嚙み』(2021)同様、しまなみ海道を舞台にして、二度と戻らない初恋とフェリーについての喪失感を重ね合わせていくような作品になるかと思います。
『染色体の恋人』以降のクィア・アニメーションになりますので、自分でもつくることが楽しみです。

コメンテーターにはMIYUプロダクションズ(フランス)からプロデューサー、エマニュエル=アラン・レナール氏、スタジオ Fabian & Fred (イギリス)からプロデューサーファビアン・ドリーホースト氏が迎えられます。
企画段階で発表するというのは初めてのことで緊張しますが、このような方々や映画祭関係者各位の眼をお借りして、企画段階のものを観られるというのは、インディペンデントのスタイルで映画を制作していく者として大変貴重な機会に感じます。

また、一緒に参加される方々の企画がすでに面白そうで、一観客としてそのような方々の企画が見られるのが楽しみです。
新千歳空港国際アニメーション映画祭の皆様、ありがとうございます。


At the 8th New Chitose Airport International Animation Festival, my new film “A Bite of Bone” has been nominated for the “International Competition Family” category.
Thank you very much. It’s my favorite film festival, so I’m very honored.

Click here to see the results of the various nominations.

(The main visual is by Kazuki Yuhara!)

At the end of this month, the film will finally be screened at the Ottawa International Animation Festival.
(Ottawa International Animation Festival, September 22 – October 3)
Although I won’t be able to actually go to Canada, as the festival is mainly held online, I’m looking forward to experiencing “Ottawa” even if it’s through a screen.

I’ll also be participating in the “New Chitose Airport Pitch 2021” (a presentation of upcoming (or in-progress) projects), which will be held at the same time. It will be a public presentation, so please watch it online if you are interested.
Click here to see the participating projects.

I will be participating with my next work, “The story of my first love and the rainbow ferry that was sold (provisional)”. As in “A Bite of Bone” (2021), the story will be set on a small island in Japan where I was born and raised, , and will overlap the sense of loss about the ferry and the first love that will never return.
It will be my first queer animation since “Chromosome Lovers”. I’m looking forward to making it myself.

The commentators will be Mr. Emmanuel-Alain Raynal, producer from MIYU Productions (France), and Fabian Driehorst, producer from StudioFabian & Fred (UK).
This is the first time for me to present a film at the planning stage, but I feel that it is a very valuable opportunity for me as an independent filmmaker to be able to see a film at the planning stage under the eyes of these people and others involved in the festival in Japan!

Also, the projects of the people who will be participating with me already look interesting, and as an audience member, I am looking forward to seeing their projects.
Thank you very much to everyone at the New Chitose Airport International Animation Film Festival!



検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る